2016年10月-11月 篠原哲雄監督俳優ワークショップ急遽開催のお知らせ

 こんにちは、キャスティングプロデューサーの高柳です。昨年の9月から、宝来忠昭(ドラマ「ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子」「女くどき飯」他)、篠原哲雄(映画「月とキャベツ」「起終着駅ターミナル」他)、渡邊孝好(映画「居酒屋ゆうれい」ドラマ「荒地の恋」他)、奥田瑛二(映画「長い散歩」他)、金子修介(映画「デスノート」「スキャナー」他)監督たちと、平埜敬太(ドラマ「黒い報告書」他)プロデューサー・脚本家、私高柳亮博で、ワークショップを皮切りに、企画制作にリンクさせつつ、積極的に新たな才能との出会いを求めて展開してきました。

 過去参加した俳優はただのスキルアップだけでなく、講師陣の制作作品への出演や、弊社のキャスティングボードにエントリーされ、講師陣以外へのキャスティングのチャンスも広がります。高柳がCPの4月期連続ドラマ「昼のセント酒」にも、メインレギュラーから各回の出演まで多数キャスティング、また渡邊孝好監督新作ドラマへの出演、篠原哲雄プロデュース新人監督映画への出演など、続々と出演が続いています。現在、目下制作中の来年公開の連続ドラマにもワークショップ過去参加者たちの出演を続々と実現させております。

 そして、弊社WS一周年を迎え…積極的にワークショップと関わってこられた篠原哲雄監督による「脚本まるごと一冊」俳優ワークショップを開催したいと思います。

 篠原監督は話題の新作映画「花戦さ」を撮りあげ、2017年東映配給により全国公開される予定です。野村萬斎、市川猿之助、中井貴一、佐々木蔵之介、佐藤浩市……という超豪華キャスティングによるこの時代劇(生け花の池坊を主人公にした物語)は海外映画祭展開も含めて、目下編集種上げの真っ最中です。そして新作企画映画やドラマの準備等々の激務のなか、篠原監督が長年あたためている映画企画の脚本をもとに俳優ワークショップを開催します。この機会に、「世界」へ走り出す篠原哲雄監督の、篠原監督の新機軸にふれてみませんか?

【講師陣】

篠原哲雄(映画・ドラマ監督)

 1962年東京生まれ。明治大学卒業。93年に16ミリ作品「草の上の仕事」(爆笑問題・太田光主演)が神戸国際インディペンデント映画祭でグランプリを受賞。この作品が世界中の映画祭で上映、ニューヨークでは劇場公開もされて、注目を浴びるようになる。

 96年「月とキャベツ」と長編デビュー。それ以後は、順調にキャリアを積み重ね、「はつ恋」「昭和歌謡大全集」「命」「天国の本屋~恋火」「深呼吸の必要」「地下鉄に乗って」「山桜」「真夏のオリオン」「つむじ風食堂の夜」「ラムネ」などインデペンデントの映画から「小川の辺」まで国内メジャー配給の映画、中国との合作映画「スイート・ハート・チョコレート」(中国国内で劇場公開大ヒット※約4,000スクリーン公開後、世界配信)等々…同世代の監督たちから飛び抜けた存在として、日本の映画最前線を走り続けてきました。


平埜敬太(プロデューサー・脚本家) 「黒い報告書」「谷グチ夫妻」ほか

 1965年札幌市生まれ。大学在学中に脚本家・荒井晴彦氏と知り合い、氏の主宰する「映画芸術」誌のスタッフをへて、フリーの助監督として活動。01年からプロデューサーとして活動開始。脚本も手がけ、主なプロデュース作品には、ANB連続ドラマ『スカイハイ』、WOWOW連続ドラマ「配達されたい私たち」(出演;塚本高史、栗山千明、長谷川京子他)、UULA配信ドラマ「奇妙な恋の物語」(出演;夏菜、山本美月、佐藤江梨子他)などがある。主なワークショップ実績は↓↓

BSジャパン「黒い報告書」(主演;石黒賢)シリーズ

 第一弾〜第三弾まで毎回、石黒賢をはじめとする35名前後のキャストのうち25名前後は、ワークショップ参加者がオーディションを突破して出演してきました。

 「黒い報告書」HP→http://www.bs-j.co.jp/black_report/

NHK 「Eテレ・ジャッジ」~2015年4月番組初代チャンピオン「谷グチ夫妻」

 5分×2本の短編ドラマ。全7名の出演者のうち4名がワークショップ参加者。(出演:岡田義徳、遠藤久美子、林健太、丹野未結、有馬理恵、宮島岳史、佐藤ニコ)

  動画配信(無料)→http://www3.nhk.or.jp/d-station/episode/taniguchi/4848/


高柳亮博(キャスティングプロデューサー) 所属:ルースプロモーション、コネルト他

主催のルースプロモーションは平成21年7月設立。渋谷区代々木に本社を構え、CMや広告キャスティングにとどまらず、代理店、企画、制作、プロモーションまでトートルプロデュース。自身は、俳優業を経て、現在はドラマや映画などを中心にマネジメント、キャスティング、プロデューサー業などを務める。

主なワークショップ実績は↓↓

2016年4月期 テレビ東京ドラマ24・Amazonプライムビデオ『昼のセント酒』(監督:Yuki Saito、井川尊史/主演:戸次重幸)

 全12話においてほぼ毎回の、計14名、ワークショップ参加者が出演いただきました。

 「昼のセント酒」HP→http://www.tv-tokyo.co.jp/sentozake/ ※Amazonプライムビデオでオンデマンド配信中


【募集概要】

募集定員:15名前後〜最大20名程度(定員になり次第、締切ります)

対象:20歳~の俳優を職業とする者(場合により10代も可能) ※事務所所属の有無問わず

受講料:3万円(原則・前金制)

※休んだ場合でもご返金はできません。

※支払方法に関しては、開催終了日までの支払い延期等、ご相談にのります。

課題&テキスト:WSオリジナル脚本を使用。適時、配布していきます。


【開催日時】全4回

①10月28日(金)

講師:篠原哲雄、平埜敬太 〜ガイダンス、「個性」発明・発見にむけて~

 ガイダンス。「言葉の力とは? 言葉の力を掘り起こす。演技のルール共通言語を共有」キャスティング・オーディションのポイント。セルフプロデュースの感覚をみにつける。課題脚本、一冊をまるごと脚本読みしていく。脚本よみあわせとは。

②10月29日(土)

講師:平埜敬太、篠原哲雄(18時~) 〜演技の共通言語確認。「話す、聞く、訊く」の演技~

 「演技の根本のやりとり」とは?対話〜台詞を話す、聞く、訊く。脚本詳細の読み込み。脚本読みとは?役つくりとは?なにが描かれているのか、正確に読む。脚本の構造、人物像、関係をさぐる。

③11月1日(火)

講師:篠原哲雄、平埜敬太 〜監督の話。脚本解読。感情と思いの違いを読み取る~

 脚本詳細読み込み続き。感情と思いの違いに注意しながら、演技をいかに組み立てていくのか?ベースになる感情、思いの起承転結、演技・動きの骨格つくり・段取りを、台詞・動きのポイントを探りながら組み立てていく。俳優が役の人物の中に降りていって、思いがけない「見知らぬ自分」に出会えるのか?いくつかの場面を、組み分けし演技をしていく。

④11月2日(水)

講師:篠原哲雄、平埜敬太 〜演技の段取りと膨らませ。動きと「思い」の表現、その人のこ「個性」を表現する~

 最終演技。「演技の組み立て骨格つくり・段取り、ポイントの台詞、動きのポイント、その理由を確認する」感情の起承転結、中心の感情、源泉の感情をさぐる。「脚本をどうやって、じぶんの個性とからめながら、芝居の肉付け、膨らませていくのか?『思えば、でる』とは、どうしたら、なにがでるのか?」

時間帯:①②13:00~ ③④10:00~ 全日21:00終了 ※休憩含む

※場合により、参加者数が多いときや、進行次第で開始時間を早めて午前中より開始します。

場所:スタジオACE(①②D、③④C) 東京都大田区大森北5-8-11 三栄ビル2階 http://keikoba.p-d-ace.com/


【申込み】

お申し込みはメールにて承ります。

担当:高柳 takayanagi@luz-pro.net

※その際にご自分のプロフィール(写真と経歴・芸歴・志望動機)を一緒にお送りください。

※プロフィールのない方は、簡単な経歴とお写真でも結構ですので必ず添付をお願いします。追って担当者からご連絡をさせていただきます。


【主催】

株式会社LUZ PROMOTION(ルースプロモーション) http://www.luz-pro.net/

〒151-0053 東京都渋谷区代々木3-43-5 ジュネス代々木402

電話)080-3390-3216  代表)03-6300-9112

全日程の流れなど詳細資料のお求めは、主催までお問合せください。

0コメント

  • 1000 / 1000

Luz promotion Takayanagi's Official Web Site

A casting producer and entertainer. My Tsurezure become remains diary's ...